豊胸手術で垂れたバストを引き上げる┃出産後の影響が大きい

女の人

乳癌治療による悩み

美容整形

乳癌はすべての女性が患う可能性を持っており、発症年齢の幅も非常に広いため、積極的に検査を受けて早期発見・早期治療をすることが大切です。進行して乳癌が発生した場合、乳房の一部またはすべてを摘出することがあります。しかし、乳房再建手術によって元の乳房を回復することが可能なので悲観する必要はありません。乳房再建手術にはシリコンなどの人工物を注入するものが従来は一般的でしたが、最近では自分の身体にある脂肪を用いる乳房再建が行われています。脂肪を用いることで自然な仕上がりになり、さらに自分の身体から抽出したものなので拒絶反応を起こすことがありません。乳癌の治療の後に乳房再建を検討する際は、自分の脂肪を使って治療できないか医師に相談することが大切です。

乳癌による乳房の摘出後、乳房再建を受ける場所として一般的な病院のほかに美容外科が挙げられます。一般的な病院では保険が適用され、美容外科では各種制度が使えないイメージがありますが、乳房再建に関しては美容外科でも保険などの制度が適用される場合があります。更に美容外科での治療はクレジットカードやローンなど、支払いの負担を軽減する方法が用意されています。手術費用だけでなく、入院費用などもまとめて分割払いできることもあるため、事前にクリニックに料金について問い合わせることに注意しましょう。現在では乳房再建の治療自体が短時間で済み、入院期間も一日程度で済むことが多く、費用の負担も減っています。乳癌による乳房の摘出からしばらく経ってやっと乳房再建が行えるため、その期間に費用を工面することも大切です。

Copyright © 2016 豊胸手術で垂れたバストを引き上げる┃出産後の影響が大きい All Rights Reserved.